読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

後悔は先読み出来るのか? 人生の選択 プロスペクト理論によれば、どんな選択をしても後悔するんだから、まず前に進んでしまうこと

 

プロスペクト理論によれば

 

価値が高くなっても、嬉しさの度合いはそれほど上がらない。

 同様にマイナスが大きくなっても、悲しさの度合いはそれほど上がらない。

 

 価値が同じであるのなら、プラスの嬉しさよりマイナスの悲しさほうが大きくなる。
(プラスとマイナスの両方が存在する場合、マイナスのほうがより強く出る)

 

 

f:id:be_nori:20160312121029j:plain

 

「1万円オゴってあげた」のと「1万円オゴってもらった」があったとしたら、脳の中では圧倒的に損失ばかり目立つことになるのです。

 

『プロスペクト理論』とは、何かの選択の前後における感情の変化を表した理論です。

 

オゴったオゴられたや、ランチに何を食べるか、就職先、結婚相手でも、日常のありとあらゆる選択に適用されます。

 

この理論に従えば
結婚相手を選べば、選ばなかった人を思い出して後悔します。
 就職する会社を選べば、選ばなかった職場を想像して後悔します。

 

 

どんな選択肢を選んだとしても、私達は必ず後悔するように出来ているのです。

  

何かを選べば、私達は必ず後悔します。
どんなに考え抜いて決断しても、必ず過去を振り返って、「あっちを選んでおけばよかった」と思う時が来るのです。

どちらも選ばずそのままスルーしたらしたで、そのことを後悔するのですが


私たちの脳はそう出来ているのだから仕方がないのです。

 

どうせ、何を選んだにせよ、後悔すると決まっているのだとしたら…


 「後悔のない選択」

を諦めることです。

 

自分がそのときこれだと思った道を

ただ進んでいけばいい。 

 

「どれを選べば後悔しないか?得なのか?」と立ち止まったままの人生

「後悔してもいい」という覚悟を決めて、前進する人生。

 

どちらがいいですか?

  

どうせ何をしても後悔するのは決まっているのだとしたら

前進したほうがいいと思うのです。

 

 

電車のホームでうろうろするよりも、行きたいなと思う行き先決めて、電車に乗ってしまった方がいいと思うのです。

 だって立ち止まって何もしなかったら、それはそれで、結局その「何もしなかったこと」を後悔するんじゃないですか?

毎日最寄り駅には行けども、どこにも出発出来ないのはもったいないと思いませんか?

 

どうせどちらでも後悔するのなら、コインでも投げて決めたらいいじゃないですか。

例えば、コインで決めた後に出発してみましょう。

そのとき、どうしても戻りたい若しくは他に行きたくなったら、そこに行って下さい。それがあなたの行きたい方向です。

 

いずれにせよ、進まないことには、どうにもなりません。

どこに行っても後悔するし、行かなくても後悔するのだから。

 

例えば、好きな人に告白しないのと、フラれるかもしれないけど告白するのどっちがいいですか?

結果を恐れて何もしないのもいいでしょう。

でもそのことを後悔する日が必ずやってきます。

もしダメだったらショックでしょう。落ち込むことでしょう。

 

 

でも、それがわからずにウヤムヤにして何年も過ぎるよりは、遥かにいいと思いませんか?

見込みがないとわかるというのは大きな進歩ですから。

次にはもっと素敵な人が待ってるかもしれませんよ。 

もっとも、けっこう告白が成功するかもしれませんね。

 


後悔を恐れないで、前進を始めたナイスなあなたには、よりエキサイティングな人生が訪れることでしょう。

 

 

 

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!