読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

あなたの問題点を改めさせる為にやってきた、使者とは?

 

 

 「そんなの言われなくても知ってるよ!」
「それって、昔はこうだったよね!」
「そんなの出来るよ、簡単だよ!」

「そんなのも知らないの?」

 

これって不安の言葉です。

 

自分が満たされていない、

 

「不満」「不安」がある人は、

 

主張したがる。


威張りたがる。 

 

 

ただ自分を主張し続ける。

 

空回りし続ける。

 

それを認められることによって


それによって満たされたい。


それによって不安をかき消したい。

 

ということなのでしょう。

 

さあ、それを聞いたあなたが

それを、無視したり、受け流しておけばいいのですが…

 

「いつでも完全に受け流している」

 

というあなたは、ここから先は読む必要はありません。

本日はこのようなブログを読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

 

 

--ひとまずここで終わりです---

  

さて、以下第2部です

 

また、それに対して、

 

「あいつ、ムカつく」

「あいつ、余計なお世話だ」

「あいつより、俺の方がもっと知ってる」

 

などと思ったり

不満を持ったりしたとしたら、それも同じことです。

 

それに反応してしまったその方にも不安があるということです。

 

人は自分の鏡だとはよく言われますが、

 

その不安の原因は、実は「あいつ」ではなく自分の中にあったりします。

 

その「あいつ」の中に、自分の問題点を見ているのです。

 

だからこそ、「あいつ」の言う事に反応するのです。

 

このように、心の中に、「怒り」や「嫌悪」が芽生えたときは、

自分自身の課題や問題点が原因のケースって多いです。

(いきなり殴られるとか、蹴られるとかの明らかな犯罪行為は除きます。

そうされたら、即避難して、通報してくださいね)

 

 

 

なので、

実は、自分の改善のチャンスなんですよ。

 

自分をマイナスに導いているものを、見つけるヒントを見つけられるわけですから

 

その「ムカつく」あいつは、あなたに、わざわざ、あなたの問題点を教えてくれているのです。

いわば、先生です。神様と言ってもいいかもしれませんね。

 


「怒り」「嫌悪」などのネガティブな感情が芽生えたとしたら

その人に怒るのではなく、実は感謝すべきだったのです。

 

 

さあ、ナイスなあなたは、これからは


「ムカつくあいつ」には、

 

「ムカつく」ではなく

 

f:id:be_nori:20160226152603j:plain

 

「ありがとう」

 

という言葉をかけてあげましょう。

 

 

 

だってその人は、あなたの問題点を改めさせる為にやってきた、使者なのですから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!