読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

幸せな人生 いつも120点満点の人生を歩む方法

 

貴方は、普段どういうことを

「あの人 すげぇ~な」...
「あの人いいなぁ~ 羨ましい」

と思っていますか?

 

逆に
「うわ~あの人かわいそうに」
「うわ~あの人恥ずかしい」
「あの人は、情けないなぁ~」

 

 

と思ってるか、または言っているか

 

書きだしてみよう。

 

 さてそれは

あなたが他人を何を基準に評価しているか

なんです。

 

そして、それがわかると同時に、
自分自身の評価の仕方がわかります。

 

なぜかというと

[ 他人に対する評価基準 ] = [ 自分に対する評価基準 ]


だったりするから。

 

 

例えば
年寄りが、よろよろ歩くのを見て「かわいそう」とか思った人は
「老い」に対して不安がある人だったりする。

 

あと「〇〇さんって100億円稼いですげ~」とか思ってる人は、その反作用として、貧乏な人を見下したりしてしまったりするよ。

 

そしてそれは同時に、
「自分自身の老い」や
「自分自身の財産の量」

に対して不安や不満の材料になってたりする。

 

 

80年もすれば、誰もが年寄りになる。ってか僕は生きてない。

今日生まれた赤ちゃんだって、おじいちゃんか、おばあちゃんだよね。

 

また、100億円稼げる人なんて、何万人に一人いるかいないかだし、日本だったら数えるほどじゃないかい?


また、10年後にも、その人の資産がどうなってるかなんてわからない。

経済ってバブル→崩壊を繰り返すからね

今の億万長者が、10年20年先もそのままかはわからないんだよね。

 

もしも、基準をそこにしてしまったら、
不老不死で、更に100億円を奪い合う椅子取りゲームを一生しなければならないことになるよ。

 


そういう人っていつ幸せになるの?

 

そういう出来事をあなたの成長の原動力に出来るなら、それもいいけど、
時にその評価基準が、あなたの劣等感や悩みの原因だったりするんだよね

 

 

悩むのが趣味の人はそれでいいかもしれないけど、

そうでないなら、評価基準をもう一度見直してみるといいかもしれないね。

 

あなたの人生なんだから、他の人に採点してもらうんではなくて、
自分自身で採点したほうがいいと思うよ。

 

あなたが、あなたの評価基準をつくってみるといいよ

 

これから先の人生、

いつも120点満点とれるような評価基準を、自分で作ってみたらいい

 

 

 

f:id:be_nori:20160415220458j:plain

 

「まだ半分もある!!」
と喜ぶ人生

「もう半分しかない…」
と嘆く人生

 

  

あなたは、どっちを生きていきますか?

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!