読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

富む人は更に富み、貧するものは更に貧する仕組み、盲点、落とし穴

「富む人は、更に富み、貧するものは更に貧することとなる」
なんて話を聞いたりしますが、本当でしょうか?


なんとなくそんな気もするのですが、
実際のところこれを理論的に証明しているような話はあまり聞きません。

実は、人間には利益を得る場面ではリスク回避を優先し、
反対に損失を被る場面では損失を可能な限り回避しようとする
心理的傾向があります。
1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって展開されたこの理論を
「プロスペクト理論」といいます。


あなたがこんな質問を受けたとしましょう。
あなたはどちらの選択を選ぶでしょうか?

A.10万円が確実に手に入る
B.コインを投げて表なら20万、裏なら0円


この質問をした場合、
ほとんどの人間はAを選びます。

 

イチかバチかで1円も貰えないよりは、
確実に10万円を貰っておくほうが良いとい考えるのです。


では、今度はあなたが20万円の借金を抱えているとして、
質問に答えてみてください。

A.10万円に減らしてもらう
B.コインを投げて表ならチャラ、裏ならそのまま


Aなら確実に借金を10万円まで減らすことができるので、
ある意味こちらが堅実とも言えます。
逆にBは2分の1で借金が減らない可能性もあり、
ギャンブル性の強い賭けになってしまいます。

ですが、ほとんどの場合、人間はBのギャンブル性の高い選択をします。

つまり、人は利益を目の前にすれば確実に取れる利益を取ろうとしますが、
損失を目の前にすればその全てを回避しようとする傾向があるのです。

この傾向のことをプロスペクト理論といいます。

誰かがギャンブル等で負けている人は一気に多くの金額をつぎ込んだりするのを見たこともあるかもしれませんが、
彼らはその負け額そのものを回避しようとしてしまうのです。
その結果更に大量のお金を失ってしまうような状況になっているのです。

人間は利益よりも損失に敏感に反応するわけです。

貧乏思考、金持ち思考と考えてもいいかもしれません。

大衆のほとんどは『損を避けること、取り返すこと』にこだわり、自分の損と向きあえていなく、
金持ちや勝てるトレーダーは自分の損と向き合い、かつ『得』にこだわっているといえるのかもしれません。


例えば、携帯を買いに行ったついでに無料で貰えるならと、タブレットをもらって帰り、ほとんど使わずに毎月しっかり通信料を払ったり。、

ポイントが大きい日だからと、必要ないものまで買い貯めをしてしまったりした経験はありませんか?


もし身に覚えがあるとしたら、損失敏感思考に陥っている可能性があります。

 

そんなあなたは、この「プロスペクト理論」を思い出してみて下さい。

 

傷ついた時の対処法


「傷ついたぁ~!」「バカにされたぁ~」
ブラック企業で朝から晩まで働き続けていた私はよくこんな気持ちになったものでした。

人は、ついつい横暴な振る舞いや、上目線で見下したような振る舞いをしてしまうことがあります。

もしあなたがこんな気持ちになったとしたら、少しだけ冷静になって考えてほしいのです。

実は、

「あなたを傷つける人は、自分が傷ついている人」

なのですよ。

 

自分が傷ついているから、周囲にもそれを味わってもらいたいと甘えてしまうのです。

 

そんな人に横暴なことを言われたりした時は、無理矢理でも口角を上げ、ニッコリとしてみましょう。

気持ちとしては、赤ちゃんを抱っこして「よしよし」とする時の気持ちを思い出してみて下さい。

そして「早く傷を治して元気になってね」と相手を思いやってみましょう。

これだけで案外落ち着けたり出来るかもしれません。

 

ただし「哀れんだり」とか「見下したり」の気持ちが多いと逆効果になりますのでそこは注意しましょう。

なぜ消費税が増税されたのか?

 

なぜ消費税が増税されるのか?

 

建前
 少子化が進んだので、子孫に借金を残さない為に増税しなくてはならない。


本音
政府は国民に対して1,000兆円もの借金があるが、これを使い込んでしまったので、増税しなければならない。

 

消費税(2)なぜ増税されるか?(2) 3点セット : 武田邦彦 (中部大学)

 

これより本文引用

1) 「政府が国民に借金をしている」ということが事実なのに、「国が誰かに借金をしているから国民が返せ(増税)」と言い換える。

 2) さらにお金を使いたいので、専門家を動員して「審議会」を作り、そこで「このまま・・・・可能性がある」と脅す。そして「財政再建」を旗印にするが、実質はお金をさらに使う。

 3) このトリックがばれるといけないので、消費税の増税に際して「テレビ新聞は除く(減免措置)」をして、テレビ新聞が政府の言うとおりに報道するようにする。

この3点セットは強力だ。

主語述語のはっきりしていない日本では、「借金」というと「誰が誰に借金したのか」を言わなくても、「国に1000兆円の借金がある。子孫にツケを回さないために消費税を増税する」といえば日本語になる。これを正しく主語述語を使って表現すると、

 「日本国は外国に対して230兆円の債権(黒字)がある。国内では、政府が国民に対して1000兆円の借金があり、国民は政府に1000兆円を貸している。もちろん、お金を借りた政府が国民に1000兆円を返す必要があるが、政府(官僚とお金をもらった人や会社)は使い込んだので、お金がない。だから、もう一度、国民から1000兆円を徴収する必要があり、消費税を増税する。

さらに今後も、政府は国民から常にお金を前借りする。理由は「この目的にお金を使う」というと異論がでて自由に使えないので、最初に使っておいて「政府は使い込んだのでお金がない。もう一度、増税する」と言えば、消費税は20%まで上げることができる。」

それにはテレビ・新聞の協力がいるから、彼ら(テレビ局、新聞社)だけには軽減税率を適応するという仕組みだ。

ビットコインの乱高下 MUFGコイン 三菱東京UFJの仮想通貨発行と国債入札資格の返上

 

今年に入ってから、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨の値動きが非常に激しくなっています。

「仮想通貨」といいましても、ピンとこないかもしれませんが、もしかすると今年どうやら大きな動きがありそうなのです。

おみくじをひけば「大凶」、競馬で名馬ディープインパクトの単勝を初めて買えば、唯一敗北した有馬記念だったという...
FXや株においては「あいつが買ったから売ろうぜ」という声がよく聞こえます。

そういえば、FXをやり始めてドル円で初めて買った途端にサブプライムローンのニュースが流れていました。
予想を外すことにおいてはトップクラスの私の話なので、あてには出来ませんが…

 

あなたは、昨年6月に、三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨の発行を発表したのを覚えているでしょうか?

それがいよいよ今年秋に迫っているのです。

(まずは、自会社内のみの試験運用を経て、来年を目処に運用開始予定)

「MUFGコイン」と言いまして、広く一般の利用者向けに発行する予定です。
これって個人的には「大事件」って思っています。

だって、これは大手銀行では世界初の仮想通貨のリリースなのです。

更に驚くことには、もともと唯一の通貨発行の出来る権利を有するのはご存知「日本銀行」です。
お札には、必ず「日本銀行券」と書いてありますね。

日本では1882年以来、今まで135年もの間に、この日本銀行以外からは「通貨」と呼ばれるものは決して発行されませんでした。

しかし、三菱東京UFJ銀行は日本において135年目にして「日本銀行以外に初めて通貨を発行する会社」になろうとしています。

それだけではありません。
この発表の1ヶ月後にも驚くべき発表を行っていまして、

「 三菱UFJ銀行、国債入札資格の返上発表」

(日経新聞 2016/7/13 )

三菱UFJ銀行が、国債入札資格の返上を発表したのです。

皆様もご存知のように、日本国債は既に1000兆円を超え、毎年新規で発行されているわけですが、それでも無限ではありません。

日銀の「年間買いオペ80兆円」は「新規発行額」より大きく、毎年約10%弱程度保有率が上がっています。

このままでいけば、2016年の保有率が33%とすれば、2018年頃には日銀が国債の50%を超えてしまうことになります。

f:id:be_nori:20170509205201j:plain

 

金融機関はポートフォリオに国債を組み込んでいるので、おそらくは日銀が全部の国債を買い上げるのは不可能かと思われます。

f:id:be_nori:20170509205136j:plain

おそらく…50%を超えた辺りで流動性がなくなり、続行不能に陥るでしょう。

そして、古今の仮想通貨の乱高下。

杞憂に終わればいいのですが、

危機を煽る趣味はありませんが、余裕のある方は、少額でも貴金属や外貨、仮想通貨などに変えておくといいかもしれませんね。

1~2年だけでも生活出来る最低限の蓄えだけでも…と思っています。

この文章が笑い話になることを祈っています。

 

 

 

友人からの相談 悩みの解決、アドバイスはどうする?

 

 

この悩み多き社会では、友人からの悩みの相談などを受けたりする機会も多いかもしれません。

 

出来ることなら、友人の悩みは解決してあげたい、またそこまでいかないにしても少しでも悩みを軽減してあげたいというのが人情というものでしょう。

 

人の気持ちなど全く理解できずに育った私などは、そういうときは

「~するといいよ」

「~は気にしても仕方がないよ」

などと的はずれなアドバイスをしてたように思います。

 

ですが、実は的外れでなく、おそらく適切であろうアドバイスがあったにせよ、それを話すことは必ずしも、悩みの軽減につながらないことも多いのです。

 

何故かと言うと

アドバイスというのは、聞いている人より、話している人のほうが快感だからです。

人はもともと教わるよりも、教え好きなのです。

例えばネットで、Yahoo知恵袋のような相談コーナーで相談すると答えがたくさん付きますよね。

...

このように心理学的には、「人にアドバイスする」のは、本人にとってこの上ない快感とされています。

ちなみに、人は
「人に教える、アドバイスする、自分の話を聞いてもらう」→「人に自分の価値観を語る、押し付ける」
→「人に説教する」

という順に快感が強くなります。これはネットでも実生活でも経験的にわかるのではないでしょうか。

ですから、人から相談されたときには、大事なのは相手の話しを「聞く」ことです。

悩みの相談を受けた時は、「アドバイス」をしてはいけません。

答えを求めているわけでないことが多いのです。

いつもいつもは、そんなこと聞いてられないかもしれませんが、もし友人がかなり凹んでいる時に悩みを軽減させてあげようと考えるなら

「アドバイス」をするのではなく、まずはじっくりと聞いてあげることと覚えておきましょう。

その上で相手に「これについてあなたはどう思う?」と聞かれたら、またあなたが「私の考えを言ってもいい?」などと聞きOKが出た時に
その時にアドバイスをすればいいのです。

ちなみにアドバイスの内容は、

・社会的な観点

・一般論

・自分の価値観や物差し

などをもとに言わないようにしましょう。

「主観的な考え」よりも「客観的な事実」で話すようにしましょう。

 

余談ですが、

今までに異性に
「あなたのこと、まだよくわからないし」

とお茶を濁された経験はありませんか?


そして、その言葉をそのままとって自分の事をべらべらと喋ってしまった経験はありませんか?

実はそれはあまり適切でないことが多いです。

「あなたのことがよくわからない」というのは

「私の話しを聞いてもらってない」

ということとほぼ同じだったのです。

 

悩み相談に限らず、「話を聞く」ということは会話では大切なことです。

ですが、人は知らず知らずに話しっぱなしなんてことになってしまいがちです。

話し過ぎになっていないか?

時々そこに注意してみましょう。

 

達成の法則 五分五分の勝負 簡単な課題?難しい課題? どっちに取り組めばいい?

 

今のあなたは、大本命の会社の最終面接に臨んでいます。

 

ここさえ受かれば!と意気込んでいます。


「最終はどんな試験だろうか!?」

 

緊張しながらあなたが面接会場に向かい到着し、いざ面接になったのですが

そのとき面接官が全員に「バスケットのボール」を渡して、言いました。

 

「今から、シュートをしてもらいます」

「え?」と驚いているあなた。

そしてさらに驚くことにこうも告げたのです。

 「距離は1メートルから8メートルまでの中で、自分の好きな距離からシュートしてかまいません」

 見ると、確かに床に距離のラインが引いてあります。(ちなみにフリースローラインは4.6m。スリーポイントラインは6.25m)


 あなたは考えるのです。

 「1メートルのほぼゴール下で投げれば、間違いなく入るだろう。でもそんなの入っても何の評価もしてくれなそうだ…」

 「遠くからシュートしてもし入れば、高評価がつくだろう…。でも入るかどうか…難しそうだ…。」

 「真ん中あたりのフリースローラインなら…入るか入らないか、五分五分ってところか、どうしようかな…」

 

 それではここであなたに質問です!

 

 ・あなたなら、どこから投げますか?

 1~2mほどの近くから投げますか?
 6m以上の遠くから投げるますか?
 それとも、真ん中くらいにしますか?

 


心理学用語で、「達成欲求」というものがあります。
簡単に言うと 自分に適切な課題を課し、それを実行しようという意欲のこと。もっと分かりやすく言えば、「何かを強く成し遂げたいと思う気持ち」。

心理学者アトキンソンの実験なのですが、

まず被験者たちに心理テストを実施し、それぞれの被験者が「達成欲求」をどれだけ持っているかを調べました。
そして彼らを、この達成欲求が「強い人」と「弱い人」と分けました。

 さらに彼らに、さきほどみたいに近距離~遠距離で好きなところから「輪投げ」をやらせました。

 ここで実験者が測定していたのは「実際に入ったかどうか」でなく、「どの距離から投げるか」だけだったのです。

さてその実験の結果はどうなったと思いますか?


 達成欲求が「強い人」は、ほとんどの人が、「中間距離」で投げたのです。
それに対し達成欲求が「弱い人」は、「近距離」か「遠距離」で投げることが多かったのです。

達成欲求が弱い人が、近距離を選んだのは何となくわかりますが、
「遠距離」を選ぶのは何故でしょうか?

それは

プライドがキズつくのを恐れているからなのです。

だって「遠距離」で失敗した場合って言い訳がしやすいと思いませんか?

「やっぱりダメだった」と…

つまり、失敗したときの言い訳の準備も考えて、敢えて無謀な挑戦をするわけです。

達成欲求が高い人は、自分にとってちょうどいい課題を選び、それをクリアする為に努力して克服しようとする傾向が強いので、「中間距離」を選んだわけです。

 

もしあなたが今の目標が「上手くいっていない」「モチベーションが上がらない」というふうに感じるとしたなら

それは「成功率90%のクリア出来て当たり前のこと」または「成功率10%にも満たないクリアできなくて当たり前のこと」に取り組んでいるからです。

バスケで言えば、ゴール下か3点シュート以上の距離を狙ってばかりいるということです。

「投げれば必ず入る」「ほとんど外す」

入っても嬉しくありませんし、外しても悔しくもない。

これでは達成に対してモチベーションなど湧いてくるはずがありません。

それではそのためには、一体どうすればいいのでしょうか?

その「ちょうどいい課題」というのは、成功率50%前後の五分五分のものが良いとされているそうです。

どんなものでもいい。
とにかく大切なのは五分五分の勝負を心掛けることです。

そうすればきっと出来たなら喜びが、出来なかったら少し悔しさが湧いてきてモチベーションも上がっていくことでしょう。

 

「私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、うまく行かない方法を発見しただけだ。」

トーマス・エジソン

頑張らない、努力しない 好きなことだけして楽を求める本当の理由 最強のマーケティング

国によってはベーシック・インカムの導入が議論されているように、
近頃は「稼ぎ」より「安楽さ」を求める人が増えているように思えます。

サラリーマンで毎日出勤して月30万円の給与所得を得るのはさほど難しくありません。

一方で、毎日家でダラダラしながら15万円稼ぐことは難しい。

ナマケモノが祖先なのでは?と本気で考えてしまうほどにダラダラ大好きな私にとっては
個人的にはこちらのほうが遥かに価値があると思っています。


人間は社会的な動物だということを考えると、生物学的には働いたほうが間違いなく良いはずなののですが、
 現代は富裕層の搾取が強まり、貧富差が拡大し続けているため、この先もこの「稼ぎより気楽さ」を求める傾向は変わらない気がします。

誰も彼もが「楽に生きる方法」を求める社会では「真面目に努力して儲ける正攻法」は話題になりませんし、売れません。

売れるのは、株やFX、アフィリエイト、ポジティブシンキング等 頑張りや努力を必要としない(と表面上は思われている)ビジネスです。

こういう時代では特に「何の取り柄もない凡人が成功した方法」が、より多数の人々の心を惹き付け希望の的になる傾向が強い。

偉人や天才が順当に成功を収めるよりも、ダメ人間の有り得ないような成功例のほうが、大衆の心をより強く惹きつけることが出来るのです。

それを物語るように、売れていると言われている方々の商材のキャッチフレーズのキーワードを見てみると

 

「スキルもない」「仕事もできない」「勉学も興味がない」「運動神経がない」

「容姿に恵まれない」「コネがない」「何の才能もない」

「学校で落ちこぼれ」「会社で失敗」「起業で失敗」「会社でリストラ」「人間関係に悩んだ」

「努力しないけど上手くいく」「好きなことやれば叶う」「頑張らないけど成功」

 

このあたりがよく書かれています。

そして、その後の華々しい成功までの道のりや、何億稼いだなどが書き連ねられます。

そんなダメダメ人間が何億円も稼いだとすれば、その人は羨望の眼差しで迎えられるでしょう。

例えば何年か前に普通の主婦がFXで巨額の脱税をしてニュースになったとき、瞬く間に広がっていきましたね。

無能、凡庸と一般に思われている階層の人間が大活躍すれば、

「あんな奴が出来たんだから、きっと私にだってやれるはず!」

と多くの人に共感を与え、それらの中から顧客が生まれ押し寄せるのは、自然の流れというものでしょう。

世間にはろくな能力もないくせに過大に評価されている(と表面上は見える)人間がけっこういて、それが社会での競争に破れたり、疲れ果てた人の大いなる希望になっています。

・寝ているだけで、利益が出るFX

・空いた時間で片手間にやって儲かるアフィリエイト

・行動せずに夢を叶える、引き寄せの法則

・頑張らないで好きなことだけやって成功する心理学

・好きなだけ食べてダイエット

・遊んで覚える英単語

ナマケモノの私などは、このようなキャッチフレーズを見るとすぐ飛びついてしまいますが、

 

f:id:be_nori:20161204193806j:plain

 

ネットには、このような出来るだけ楽をして、努力や頑張りなしで成功する方法を煽った商材や書籍で溢れています。
 皆がこのような努力を否定した怠け者の為の成功例を求めているのです。


「何だこれ?」って思えるのに、異様に売れている本とか、異様に再生回数が多いYouTubeとか、PV数が異様に多いブログとか、みかけたことがあるのではないでしょうか?

どうして、そんなつまらなそうな、たいしたことのないものが売れるのでしょうか?

それは…「たいしたことがない」からです。

安っぽくてシンプルだからこそ、「自分にも出来るのでは?」と手が届きそうに錯覚するのです。


もちろん、努力を否定するつもりはありません。

それどころか目標があるならまっすぐ努力したほうが結果は早く出ます。実際「努力しないために頑張る」というのは実際にはむしろ遠回りになるので、むしろ大変ですし疲れてしまうでしょう。

確かに努力してしまったほうが楽ですし早いのですけれど、現在の大衆が求めているのは、「好きなことばかりやって、頑張らなくて、どこにでもいそうな大した事のなさそうなのだけれど、あり得ない成功を収めてしまったヒーロー」なのです。

 

顧客対象者と同じくらい低能、凡庸な人間が、身分不相応な成功を奇跡的に勝ち取っていくヒーローを求めているのです。

 

弱者の胸を打とうと思うなら、(実際にはそうでなくても)ダメダメな何の取り柄もなかった人間が活躍して、「こんな私でも出来るんだ」と皆に思わせる必要があります。

 

このように正攻法ではなくある程度の戦略を練って、夢と希望を与えるしかありません。

もしかすると時には必死に影で努力しながらも「自称頑張らないナマケモノ」を演じることも必要なのかもしれません。

その意味で、頑張る必要があるのです。

「人々に夢と希望を与えるには?」かつ「売れるには?儲けるには?」という疑問の1つの答えが「頑張らないように、頑張る」ということなのです。

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!