読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

劣等感はネガティブなものではない。むしろ歓迎すべきこと

メンタル 幸せへの道 成功への道

「劣等感」というのはネガティブなものと考えがちです。

 でも考えようによってはそういうわけでもありません。 

 

能力が劣っていると思ったなら、人の倍努力すればいい。

そのモチベーションを保つのが「劣等感」であったりするのです。

 

例えば、身体的や社会的なハンデを背負っていて、それを糧に克服しようと努力を重ねた結果成功を得たという人も少なくありません。


ただし、優劣を他人との比較で考え過ぎるというのも考えものです。

 

あなたにとって理想とする人物がいたとして、そういうふうになりたいと思うことはあるでしょう。
でも、他人になろうとしても決してなれませんし、またなる必要もないのです。..

 

ですから、優劣の比較する場合、他人との比較よりも自分自身との比較で考えるほうがより建設的です。 


自分の考える「自分自身の理想像」に自分が成長していくことです。

いずれにしても、重要なのは、実際に「行動」すること

「俺は性格がxxだから…」
「俺は能力が無いから…」

という原因を理由として諦めないでください。このような言葉は
「動きたくない」
「行動しない」
という目的を達成するために使用しているに過ぎません。

「性格」や「能力」を理由にしても、何も始まりません。


大事なのはとにかく行動し、少しずつでもいいから、自分を大きく育てていくことなのです。

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!