読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

「依存症」と「正常」の境界線はどこ?

メンタル 悩み解消 依存症

 

 

世の中には酒、煙草、賭け事、ゲーム、スマホなどなど
この世にはついついやめられず嵌ってしまうものに溢れています。

それが適度なところで気分転換などに利用され、自分にとってプラスになっていればいいのですが、なかなか難しい場合もあるような気がします。


依存症の特徴として、それに対しほとんど自覚がないというのがあります。

ほとんどの依存症の人は、依存症かどうか?と聞かれたら「違う」と答えるそうです。

「自分は依存している」と分かる依存者は、ほとんどいません。
まずは「自分は依存しているかもしれない」と自ら考えることが大切なのです。

とは言っても「俺は本当に依存していない。適度にやってればいいじゃないか」と言う人もいるかもしれませんね。


さて、では具体的に、「依存」と「正常」の境界線はどこで引けるのでしょうか?

それは、「あなたのお子様が同じことをしたら、それを応援するかやめさせるか」です。

あなたに子供がいなければ、大切な人で想像してみてください。

 

あなたの答えはどうですか?

 

もし、あなたの行為が、「応援しない」「やめさせたい」と思えるとしたら、それは依存症だと言えるでしょう。

 

「依存を自覚する」というのが依存から抜け出す第一歩なのです。

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!