読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

死の直前何を思う?「何もかも嫌!」と思った時に「やりたいこと」「やるべきこと」が見つかる

f:id:be_nori:20161030173734j:plain

 

 

「もう嫌だ」
「なにもかも嫌だ」


という時を経験をした方は、少なくないでしょう。

かつて私も、賭け事やFXや株に明け暮れ全てを失った時には、そのような気持ちで何日もさまよったときがありました。

生きていくのが嫌になる時は、あるものです。

それでも、ずっとそんな気持ちで生きていくわけにはいきません。

そういう時には、どういうことを考えればいいのでしょうか?

私は「死ぬ直前の自分」を考えたりします。

老人になった自分は、過去のことをどう思うのか?


どんな人でも死は必ず訪れます。
どんなに富を得たとしても、地位や名誉を得たとしても死だけは平等に確実に訪れるのです。


今から100年後にはどうなっているか考えたことはありますか?
世界はいろいろ変わっているでしょうが、一つだけ言えることは…

「今存在している人は、ほぼ生きていない」ということです。

いつかあなたも死を迎える時が来るでしょう。

そんな死の直前に、もしも今現在のあなたが現れたとします。

そして今現在の悩みを語ったとしましょう。

私だったら

「人生は思ってるより短いぞ そんな悩みなどどうでもいい。今すぐ忘れてもっと楽しいことやれ。今を楽しめよ」

と答えるでしょう。


あなたなら、どう答えますか?

それが今あなたのやりたいこと、やるべきことです。

さあ、今すぐやってみましょう!

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!