読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

なぜ日本人は他人の目や評価を気にする傾向が強いのか?歴史観 から考える

幸せへの道 メンタル 悩み解消

 

f:id:be_nori:20161106180453j:plain

 

 

歴史の授業で 「世界史」というジャンルを教わった経験があると思います。

おそらく、義務教育時点から自国史に加えて、世界史をも学ぶのは日本くらいではないでしょうか。

日本で学ぶ「世界史」とは、これはヨーロッパの学者の論文や解釈に基いて書かれています。

いわばヨーロッパから観た歴史観と言って良いでしょう。

 

気のせいかもしれませんが、日本人というのは、他者からの評価を気にする傾向が強い気がします。

その原因の一つにこの歴史観にあるような気がします。

歴史観というよりは、歴史教育といったほうがいいかもしれません。

 

もちろん「他国の立場で考える」ということは、必要ですし、むしろ推奨される場もあると思います。

また「自分の立場や評価」よりも「他人の立場の評価」を中心に生きていくというのも一つの生き方でしょう。

ただ、「他者の評価」というのは自分の価値観では生きていないということですから、どうしても心理的精神的に、無理が来る人も多いのかもしれません。

国別幸福度調査では、先進国の中では日本がいつも最下位付近をさまよっているのもこれと関係あるのかもしれません。

世界の国別幸福度ランキングが公開!1位はデンマーク、日本は上位30ヶ国にも入らず | gori.me(ゴリミー)

 

また、それをやり続けたからと言って評価され続けていく保証などどこにもないのです。

どんなものでも浮き沈みはありますし、今現在評価が高いからと言って、数10年後にもそれが続くことはむしろ少ないことは、過去の人気企業ランキング等を見てみれば明白でしょう。

例えば今あなたが手にしているPCだって20数年前くらいには、一部のマニアだけが閲覧するようなものでしたし、タブレット、スマートフォンだって10年前くらいには持っている方が珍しかったのです。

また、画家の巨匠と言ってもいいあのゴッホでも、評価されたのは彼の死後でした。

 

話が反れましたが、日本人は歴史を自分の立場からだけでなく、他国の立場からも考え出来るだけ中立的に考える傾向があるようです。

 

さきほど書きましたように日本で言う「世界史」とは、はヨーロッパの立場による見解です。


他国から見た歴史を学ぶというのは、とても珍しいそうです。しかも日本は義務教育段階でそれをやっています。

外国では、自分の国の立場から見た歴史、自国に関連のある史実以外はあまり学ばないのが一般的のようですので、
おそらく日本人的な観点で外国の歴史教育を見たら、外国で行っている歴史教育はほとんどが「過度の愛国主義」や「極右」になってしまうと思います。

こんなところも、他者の立場で考え、他者からの評価をもとに生きている人が日本に多い理由の一つに思います。

これが悪いとは一概に言えないのですけれども、世界ではかなり稀な例であるということは覚えていてもいいのかもしれません。

 

ただ、考えてみれば、自分の歴史を、自分の目ではなく、他人からの目で評価してもらい決めてもらうのは、いささかおかしい気もします。

 

例えばフィンランドとテキサスについて言えば、
フィンランドの歴史について、フィンランド人とロシア人が書くのは違うだろうし
テキサスの歴史はアメリカとメキシコでは別の書き方をするでしょう。

もっと適切に言えば、民事で争う二人の立場のようなものなのです。
あなたには、あなたの歴史があり、他人には他人の歴史があるでしょう。

史実に嘘がなければよいので解釈がお互いに違っていて当然なのだと思うのです。  

 

 

もちろん、何か心に留まることがことがあったら、それに習っていくこともいいでしょう。 

また、他人の不利益になるようなことは避けたほうがいいでしょう。
また、他人によって評価が高いに越したことはありませんし、他人が自分の影響によってポジティブでプラスの感情を与えられたらそれは嬉しいことです。

自分の目で自分を評価し生きていく上でそう出来たのならそれに越したことはありませんが、 時代や流行によって人の評価されるものなんていうのは、移りゆくものですから、

 

あくまでも自分自身に正直に、自分の評価で生きていくこと、誇りを持って生きたいものです。

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!