読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

トランプか?ヒラリーか?米大統領選と株価や為替の暴落リスク

f:id:be_nori:20161022172524j:plain

この人ほど農業のことを考えている人もいない!?

 

米国大統領選挙が迫ってきました。
いま現時点ではヒラリー氏が断然有利のようですね。

 

討論会の結果や、その都度マスコミを通じて支持率を見ながら、大多数の方が「どうせヒラリーが勝つ」と思っているかもしれません。
私も、おそらくはヒラリー女史が当選するのだろうなとは思っていますが、
でも、ちょっと待って下さい。

 

以下 

トランプリスク 米大統領選の結果次第で暴落が発生する - 貴方を幸福にするFXブログ

 からの引用です。

 

そう思っている人が多ければ多いほど多いほど、外れた時の為替や株相場への衝撃は大きくなります。

 

 先の英国EU離脱投票を振り返って見てみて下さい。

 英国EU離脱投票は、直前まで残留派が有利と見られていたために、離脱がサプライズになってポンドが大暴落しました。

おそらく、最初から離脱が確実視されていれば、ああいうふうにはならなかったでしょう。

トランプ氏が周囲に見放され、ヒラリー氏の当選確率が上がる報道がされればされるほどに、実はサプライズ時の危険が増しているわけです。


どちらの候補が合衆国大統領に相応しいのかはともかくとして、選挙結果次第ではの相場への影響も当然あることでしょう。

もしもトランプ氏が勝てば、今まで言ってきた過激な政策に対する懸念でリスクオフ相場か?そうなれば発表の直後に相場は日経平均株価やニューヨークダウ、ドル円クロス円などが急落する可能性が高い気がします。


どちらにせよ開票時には、相場は大荒れが予想されます。
土壇場で慌てなくて済むように株や為替のポジションをお持ちの人は、あらかじめ整理しておくことが賢い選択かもしれませんね。

 

米大統領選投開票は、2016年11月8日です。

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!