読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

図星なほど真実ほど人は反応してしまう。湧き出る感情、反感や怒りは、あなたの魂に語りかけている

f:id:be_nori:20160924191826j:plain

そこまで正直に書くなよ!(;´∀`)

 

 

ネットでは一見すると、多くの人に反感や感情を逆撫でられることを始めから目的にしているようなブログや掲示板の言葉などを見かけることがあります。

そして確かに、その言葉という釣り針にかかってまんまと膨大なアクセス数の貢献をしてしまうことになるのです。

でも、よくよく考えてみると、それだけの人が反応してしまうということは、良くも悪くも心が動かされているということでもあります。

 

怒りで荒れ狂ったり、批判をする人もそうなのですが、逆に
「気にしない」「笑える」
というふうに、平静を装ってる人も実は同様であったりします。

盲点なのですが、本当に無関心なら、「気にしない」「笑える」という言葉さえ出るはずがないからです。


どちらにせよ、怒りや憎悪などのネガティブな感情とはいえこれだけの注目を集められるということは、一つの真実を語っているのかもしれません。

 

何故かと言うと…

人は丸い物は丸いと言うし、白い物は白いと言います。
事実を正しく表現して、悪いことはないはずなのだけれども、多くの人々は本当のことを言われると不快な気分になるものです。

例えば

ハゲをハゲ

デブをデブ

ブスをブス

と言ったら、烈火のごとく怒り出す人もいますよね。

その通りに事実を言っただけなのに何故なのでしょうか?

 

それはきっと「真実ほど人の心を傷付けるものはない」からです。

 

もし太ってない人が誰かに「デブ」と言われても、誰も傷付かないでしょう。
自分が言われていることさえわからないだろうし。

 

しかし、実際に肥満体型で、「痩せなきゃ」と思っている人であれば、人からそれを指摘されるのはけっこう辛いはず。「ハゲ」や「ブス」もそうです。
事実だから、それに強く反応するわけです。

 

自分の欠点を自覚している人は、えてしてそれを隠します。
そして外では真逆の表現を始めるようになります。

「気にしない」という人は気にしているし
「羨ましくない」という人は羨ましがっているように。

 

馬鹿を意識する人ほど利口ぶり、卑劣な人ほど誠実をうたいます。
最近の政治家の言葉を聞いてみると、そこらへんはよくわかるというものでしょう。 

 

安くないものほど「激安」をうたい、品質の悪いものほど「高品質」と宣伝する。

「二流以下」を自負する人ほど「一流」と書きたがる。
あちこちの市場の広告を見れば賢明なあなたならすぐにおわかり頂けることでしょう。

本当に安いのなら、「激安」などと書きません。
本当に品質が優れていれば、「高品質」とは書きません。

本当に一流品なら「一流」とは書きません。

 

誇大広告によって、その商品の欠陥を自ら暴露してしまっている。
これが現代にはありがちな宣伝の落とし穴なのかもしれません。

 

真実とは残酷なもので、いつだってあなたを傷付けます。
それから目を背けたくなる気持ちは、欠陥だらけの私には正直痛いほどわかります。

 

けれど、その辛い気持ちこそが、それがあなたにとって重要である証明でもあるのです。
あなたが向かい合わねばならないものを指し示しているのです。


最近の掲示板やブログなどを見ると
暴言や煽り、人の悪口や誹謗中傷が至るところで見ることが出来ます。


もしそこで、あなたが気に留めた言葉があれば注意してみましょう。
もしもいい意味でも悪い意味でも心に響く言葉があれば、それはあなたとってとても重要なことなのかもしれせん。

 

真実を認めることは、とても苦しいことかもしれません。
でも、それに向き合って、受け入れて克服しなければ、前に進むことができません。

 

何かの言葉に心が辛かったり苦しくなったりしたとき、
盲点ですが、「あんなの全然気にしない」などと無視しようとしたり気にしないようにしようとしたりした言葉も同様です。

心にそう感じた時は、「乗り越えるチャンスだ!」と教えてくれています。

 

目覚まし時計は、鳴った瞬間は不快に聞こえることもあるでしょう。
でも、そのおかげで、あなたは会社に遅刻せず、また友人との待ち合わせに余裕を持って行くことが出来るのです。

 

怒りや反感などの不快に感じた対象は、あなたの魂に語りかけ、潜在意識に眠っていたあなたの乗り越えるべき向き合うべきものを呼び起こします。

いわば魂への目覚まし時計のベルなのです。

 

「不快な言葉」というものはあなたの魂に語りかけています。
あなたがこれから先に「より良き人生」を生きられるようにと。

  

f:id:be_nori:20170207202709j:plain

 

先延ばしにしてしまおうか?

それとも、今向かい合って、克服してしまおうか?

あなたが向かい合い、前に進めることを願っています。

 

 

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!