読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

過去未来なんてない。あるのは現在だけ

 

公園で夢中で砂遊びや駆け回る子供を見てました。


それ見て思ったのです。

 

そのような子供たちに、悩む様子などない。と

 

何故なのかなと考えてみました。

 

それで思ったのが、

 

悩みっていうのは、目の前の現在にはないっていうことです。

 

悩んでる時の事考えると、たいていは、「過去」か「未来」のことなんです。

 

・あのとき、あの会社に就職していれば…

・あのとき、誘いを断っていなかったら、誘っていたら…

・あのとき、このことを言っていれば、言わなければ…

 

または、

・年金制度は大丈夫だろうか?老後が心配だ

・最近肌が衰えてきたな、この先どうなってしまうんだろ

・日本は地震大国だ。もし震災が来たら、津波が来たらどうしよう?

 

どうです?

 

今目の前のことは悩みにないのではありませんか?

 

過去と未来にだけあるんです。


過去の嫌な体験や悔い

そして未来への不安

 

例えば、

今いきなり大地震が来たら、悩むより先に、何かに捕まって耐えるほうが先ですよね?

 

そして、一刻も早く少しでも安全な場所に駆け込むでしょう。

 

このように、実は目の前の事に「悩む」ということって少ないんです。

目の前にそれがやってきたら、悩みではなく即「恐怖」になりますからね

 

それでもって、目の前に「恐怖」が来ることって、一生に何回あると思いますか?

 

どこの神社に行っても「大凶」をひいてしまう私でも、まだ2~3回くらいでしょうか

リストラに遭い破産したり、事故にあったり、手術をしたり…ありゃ、けっこうあった^_^;

 そんなもんです。

 

あなたは、来るかどうかもわからない1%の不安の為に、この先ずっと99%の人生を悩み続けるのですか?

 

確かに最低限の備えの確保は必要でしょう。でもそれに囚われて、今の悩みを増やしたり、犠牲にしたのでは、まったくの本末転倒だと思うのですよ。

 

子供を見てください。

子供は、いつも目の前にあるものだけを見つめています。

そして、それをそのまま受け取り、笑ったり、泣いたりしています。

 

将来の備えがないから不安で悩むなんてことは、

また、過去にあのときこうすれば良かった

なんてことはありません。

 

今目の前の事に夢中になるだけです。


「今、ここだけを生きている」のです。

 

思い出してください。

かつて、あなただってそういうときがあったはずです。

 

f:id:be_nori:20160303132106j:plain

 

「今ここに在ること」「今息をしていること」

を感じていけるあなたは、これからもナイスな人生を送れることでしょう。

 

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!