読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い多き人生を送るブログ

大切なのは、あなたが笑うこと

他人の採点と自分の採点、どっちで生きていくのがいいのでしょうか?

もしあなたが会社とかで、

新プロジェクトに向けた会議で

いいアイデアが浮かんで、

発表したとします。

 

そしたら


「そんなこと常識的に考えて出来るわけない」
「君は非常識だ。間違っている」
 
って言われたらどうします?

 

意見を取り消しますか?

それとも、押し進めますか?

 

かのエジソンが電球をの実験を繰り返していた時には、きっと何回も、何十回もそう言われたことでしょう。


もしもそう言われてエジソンが、

「みんなの言うとおりだな…常識で考えて、電気で光なんて灯せるわけがない。それに失敗したらかっこ悪いし…この計画はペンディングしよう」

 

と考えたならば…

 

今も夜は火を灯して歩いていたかもしれません。

 

他人の価値観、評価に従って、他人の採点を基準に生きていくか


自分自身の価値観に従い、自分自身の評価に従って生きていくか

 

どちらも長所、短所があるかもしれません。

 

例えば

前者なら、他人から極端な非難は受けないでしょうし、

大失敗はしにくく、恥をかくことも少ないかもしれません。


ですが、まわりの顔色や評価を伺いながらの人生になるかもしれません。

 

 

後者なら、エジソンが電球の実験をしたときのように、

まわりからは変人扱いされ、笑われるかもしれません。


ですが、自分自身の価値観に沿って、自分の好きなことをしながら自由に生きることが出来るでしょう。

 

「他人に採点してもらい、他人にとって良い点を目指す人生」


「自分で採点して、自分にとって良い点を目指す人生」

  

 

さて、あなたはどっち?

 

 

お読み頂き、ありがとうございました。 今日もあなたが幸せでありますように!